IBEC 建築省エネ機構(一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構)

優秀賞

「N邸」

建築主個人
設計者五十嵐建築設計事務所
施工者(株)こまいホーム
建設地北海道旭川市
構造木造
階数2階建
延床面積157.55m2

講評

夏は地熱を利用し冬は床下に温水を巡らせる方式(ヒートエアーズ)を採用した正方形プラン、総二階建て住宅である。

床下は、300φボイド管を利用したRC束、大引下は鋼製束による床下一体空間としこれを夏・冬の給気空間として利用する。ここで夏は冷気に変え、冬は暖気に変えて、床下ファンにより、室内に給気する。冬の床下暖房は、灯油ボイラーからの給湯をヘッダーで分岐し、架橋ポリビニル管で床下暖房する。

居住期間は短いが、平成14年1月から9月までの全日の天候、外気温、2F寝室温度の測定データが提示されている。熱損失係数1.6W/m2K、相当隙間面積0.6cm2/m2である。

これまでの施工実績も多く、本住宅の他6件の居住者の評価も添付されている。


戻るボタン