IBEC 建築省エネ機構(一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構)

審査委員会奨励賞(その他ビル部門)

「セイコーエプソン(株)豊科事業所第2工場棟」

所在地長野県豊科町
構造S造
規模延床面積64,865m2 地上7階
建築主セイコーエプソン(株)
設計者清水建設(株)
施工者清水建設(株) (株)シミズ・ビルライフケア

講評

 工場の場合には製造プロセスへの投入エネルギー、また生産量の消長等が関係するので、建築設備単独での省エネルギー評価はなかなか困難である。

 本工場の場合、建築設備系へのエネルギーと製造機械へのエネルギーとの比率を指標とし、これの経年変化を見ることによってエネルギー管理を行い、この値を在来の同種工場に対して40%削減することに成功している。

 手法的にはクリーンルームの気密性の向上による換気量の削減とフリークーリングの活用が挙げられる。後者は当地の冷涼な気候条件を生かしたもので、地域特性に立脚した着眼といえる。

 エネルギー以外にも排気処理、廃水処理も十分に行われ、また、安曇野の田園風景に溶け込む工場建屋の意匠など、環境への周到な配慮がなされている


戻るボタン