IBEC 建築省エネ機構(一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構)

審査委員会奨励賞(事務所ビル部門)

「JTBビル」

所在地大阪府大阪市
構造S造、SRC造、RC造
規模延床面積16,187m2 地上14階地下3階
建築主(株)ジェイティービーエステート
設計者(株)竹中工務店
施工者(株)竹中工務店

講評

 都心のビル街の中規模オフィスビルにおける環境・省エネルギー計画を、プラクティカルな方法で実現した作品である。

  立地条件の分析により南面を大きく閉じ、北側採光を利用する平面計画は、よく考察検討され、まとまったものとなっている。

  Low-Eペアガラスの採用、躯体蓄熱、氷蓄熱によるピークシフト、夜間電力利用の徹底化などがバランスよく計画されることで、たくみに省エネ効果、事業効率をあげ、中規模オフィス建築において快適性と省エネルギー性を両立しているといえる。

  ファサードまわりは、ガラス面の多い北面においても実際には開口面積は適度に抑えられ、同時にプロポーションの良いデザインでまとまっている。

  ファサード腰に分散配置された制震ブースなど、構造上計画のインテグレーションも行き届いて計画されている。

  大胆な省エネルギー計画を持ち込みにくい採算性と事業性を要求される、中規模オフィスビル(テナントビル)における細やかな省エネ計画のあり方を示してくれる秀作といえる。


戻るボタン