IBEC 建築省エネ機構(一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構)

財団法人建築環境・省エネルギー機構理事長賞(商業・サービスビル部門)

「くろしおアリーナ」

所在地高知県高知市
構造RC造、S造、木造
規模延床面積15,417m2 地上3階地下1階
建築主高知市
設計者清水建設(株) (株)環境建築設計事務所
施工者清水建設(株) ダイダン(株)

講評

 省エネルギーを明確な目標においた建築デザイン全体の計画と、設備計画がよく総合化され実現されたプロジェクトとして高い評価が与えられる。

  この50mプール、25mプールを含む大空間施設は温暖湿潤な高知の気候を充分に利用し、太陽光利用や自然通風等の自然エネルギーの利用に加え、雨水、井水を大規模に利用し省エネ効果をあげている。

  バランスの取れた木とスチールによるハイブリッド屋根構造と、機構的にも見事な木製ルーバーによる柔らかな色調と自然光のコントロールが、軽やかでかつ暖かみのあるリズムを空間に与えている。

  外装と内装においても、地元の杉、桧、漆喰、石灰石等を適正に用いている点も注目に値する。

  計画プロセスにおいて、プールを覆う可動床の実現には極めて高い技術が応用されているが、実用においてその有効性が実証されており、省エネ、メンテナンス、建築空間内のデザインの質に加え、高い運用効率を得られた点は、地方の公共施設として優れた実現例として評価でき、理事長賞に相応しい作品として選出された。


戻るボタン